行者菜とは

行者菜とは?
行者菜は山形県長井市の特産品です行者菜=行者にんにく×ニラ

 「行者にんにく」は栽培もおこなわれていますが収穫までに5年を要し、収穫期間も1年のうち2週間ほどであり、手軽に求めることができませんでした。

そこで「行者にんにく」と「ニラ」を交配することにより、収穫期間の長い、栄養価の豊富な「行者菜」が誕生しました。

 山形県長井市では全国に先駆けて「行者菜」の栽培が行われ、特産品となっています。


 行者菜は「(※)硫化アリル(にんにく成分)」が「行者菜にんにく」よりも多く含まれています。

ビタミン類も豊富に含まれており、ビタミンの宝庫と言われる「ニラ」と比べてもビタミンAとビタミンB1は15%、葉酸は20%も多く含まれています。
※硫化アリルとは、玉ねぎやにんにく等のユリ科の植物に含まれる成分のことです。

ビタミン成分比較表

このページの上へ
©行者菜生産グループ All Rights Reserved.

Access 306,993pv (2012.12.25〜) Today 162pv Yesterday 604pv Contents 1pages